【レポート】スタッフむーらんのお菓子教室

こんにちは!

フリースクールちば森の楽校です。


千葉は梅雨が明け、それはそれは暑い日々が続いています。

夏がやってきました!


森楽は夏休み少なめ。

はるみ代表が海大好き♪ 楽しいこと大好き♪ ですから、

夏は夏で、夏だからこそ楽しいことを企画しています。


今日は、まだこんなに暑くなっていない頃、

森楽の子どもたちがお菓子作りに挑戦した日のレポートです。

担当はスタッフむーらん。

むーらんによる、お菓子教室レポートです♡


先日開催されたお菓子教室。 

シュークリームとメレンゲクッキーをつくりました。 

シュークリームでは、シュー皮とカスタードクリームを手作り。 

どちらも材料は、小麦粉、卵、砂糖、牛乳がメイン。 

そのバランスがそれぞれ違うだけで、

全く違うものが出来上がる不思議! 

どちらも小麦粉のでんぷんをしっかり糊化させることがポイント。 

みんなで頑張って、鍋を焦げつかせながらも仕上げてくれました! 


メレンゲクッキーは、カスタードクリームの余りの卵白を使って作れるお菓子。 

ふわふわのメレンゲを乾燥焼きすると、サクサクに様変わり! 

こちらはお砂糖が水分を抱きかかえてくれる働き、

そしてオーブンがその水分を飛ばしてくれて、

卵白に含まれるタンパク質が固まる作用を引き出してくれて、のコラボで出来たお菓子。 

お菓子はこうした化学反応によって、

シンプルな材料から様々な製品が作り出されていて、 

化学って、実はめちゃめちゃ身近にあふれているんだよね! 


難しい話はさておき、美味しくて楽しければそれでよし! 

お腹いっぱい、満たされた一日でした!


0コメント

  • 1000 / 1000